PluCial

Shintaro Takahashi

不動産屋なのに、イラレとフォトショを使いこなし、CMSでサイト作っちゃう麺好き

Shintaro Takahashi

Shintaro Takahashi の投稿

洞くつ家@吉祥寺
ラーメン 650円 + ライス 100円 + キャベチャー 100円
#味濃め #油多め #麺柔らかめ

仕事を終えた後
高田馬場から西武新宿線に乗り花小金井駅へ
そして某店に向かうも本日の営業は終了
21時じゃ遅かったか…

この時間にこの場所で代替の店を探すのは困難
いろいろ調べてみると武蔵小金井駅行きのバスがあったので乗車
中央線なら辛うまラーメン日本一を掲げるアノ店にでも行きますか!
と吉祥寺駅で降りました

駅からスタスタと歩きながら
途中にもラーメン屋がいくつかあるんだなぁなんて見ていると
おや?
洞くつ家…六角家姉妹店か
そういえば今年は家系をもっと食べようと思っていたんだよな
ということで辛うまラーメンはキャンセルしてこちらに入店しました

券売機とニラメッコ
六角家姉妹店ということでキャベチャーがありますね
お腹もだいぶペコリーノだったのでライスもポチッとしちゃいました

食券を渡し
「味濃いめ、油多め、麺柔らかめ」
といつものようにコール
「濃め(こめ)多め柔らかめ頂きました〜!」
と元気な店員さん
そういえば六角家系は濃いめじゃなくて濃め(こめ)って言うんだっけ

すぐにキャベチャーが出てきて
しばらくしてからライス
続いてラーメンが着丼
小さめの丼でなみなみとスープが入っています

まずはスープから
かなり鶏油が多く、だけどスープがタップリ入っているので混ぜるのが大変
注意しながら混ぜ混ぜして1口
アッサリな豚骨
濃めにしたのに醤油も控えめ
鶏油もこれだけ入っていながらこってり感はあまりありません
全体的にかなりライトなスープですね

麺は家系御用達の酒井製麺
ならば当然柔らかめですよね
ムッチリとした平打麺は口の中で小麦の甘さと香りを放ちます
うんめぇなぁ、おい!

具はチャーシュー、ほうれん草、海苔3枚、の家系3点セット
ネギは無し
チャーシューはスモーキーだけど柔らかく
ほうれん草がトロトロで激ウマ!
なんでほうれん草に感動してるんだろ?w
海苔はスープに浸してライスにライドオン♪

スープがライトなのでキャベチャーを即投入
そして卓上の生姜、生唐辛子、ニンニクも即投入
キャベチャーのキャベツはちょっと大きめで食べづらかったな
生姜はかなりガツンと来ますね
豆板醤じゃなく生唐辛子、酸っぱくなくて辛味のみだけどそんなに辛くない
ニンニクはおろしじゃなくて刻みなのでこれもそんなにパワフルにならず
効果があったのは生姜だけかなー

後半にレンゲ1杯分の酢を投入
まろやかになって良い感じ

やっぱり家系とライスって最強の組み合わせだよなぁ
なんて思いながらペロリと完食
スープ飲み干そうかと思ったけどライスも食べたので自粛

ライトなんだけど味が薄いというわけじゃなく
だから家系初心者でも食べ易いんじゃないかな?
毎日食べても飽きないかも?
こういう家系も面白いアプローチだなぁなんて思いながら店を後にしました

以上、レポっす

#ごちそうフォト
#045

ラーメンヤスオ@南新宿
MAX 1,000円

今日は半休、午前休み
いつもより1時間遅く起き
部屋を片付け
ゆっくりと風呂に入り
そして家を出る
南新宿駅で途中下車し
いつか行こうと思っていたラーメンヤスオへ
(食べログ情報ではスズキヤスオ(旧店名・ラーメンヤスオ(仮))となってるけれど、Twitterアカウントは逆になってるんだよなぁ…まぁTwitterが正しいんだろうな)

小田急線民でありながらなかなか来られなかった店
というのも閉店が19時半
スープ切れで早く終わることもあるらしい
仕事が19時半までなのでどうしても間に合わないんですよね
飲食店なのに19時半閉店ってどうなんだろ?と思いつつ
世間にはそういう店がたくさんあるのも事実
ならばこっちが合わせるしかありません

さて
入店して券売機とニラメッコ
ラそば(細麺)とラうどん(太麺)が基本メニューかな?
他にヤスジロウ(二郎風)とつけ麺
とりあえず左上の法則でMAX(いわゆる全部乗せ)をポチッと

食券を渡すと細麺と太麺を聞かれ
ネットの情報ではラうどんばかりだったので
あえて細麺を選んでみた
麺量も聞かれるので(200g or 300g)少食だけど値段が変わらないならお得な300gで
途中でニンニクと生姜の有無を聞かれ
無料ならもちろん両方入れてもらいます
そして着丼
あーそういう感じで来ましたかー

丼の中央に大量のもやし
世間で言うところのG系ですね
(二郎系でもインスパイアでもないのであえてG系としておきます)
これならMAXにしなければ良かったなぁ
少食なのに食べられるのかしら…

悩んでも仕方ない
目の前のブツを胃袋にブチ込むことだけを考えます

まずはスープから
粘度のないサラサラ豚骨醤油
そこに鰹と思われる魚粉
サラサラなのはいっぱい入ってるもやしで薄まったからかも
まぁ嫌味のないお味です

麺は細ストレート
やや粉っぽさが残る固茹で
太麺にすれば良かったかなぁ?

具はチャーシュー、もやし、ほうれん草、うずらの茹で玉子、海苔5枚、無料追加のニンニク&生姜
チャーシューは可も不可もなく
ほうれん草と海苔って…そういうこと?(どういうことだよw)
ニンニクと生姜は結構辛めで後半は舌がピリピリしました

少食だけどどうにか完食
生姜のおかげか汗がかなり出ました

横浜◯系とG系を合体させた感じ?
MAXにしなければ◯系に魚粉を入れた進化系(進化なのか?w)ってことなんですかね?
まぁ鶏油ないから◯系ではないか…
ていうか、系統に当てはめる必要は全くないけれどw

太麺のラうどんも食べに来た方が良いのかなぁ?
そしたらつけ麺も食べないとダメ?
う〜む…

以上、レポっす

#ごちそうフォト
#044

餃子mgmg!

今日は朝から餃子が食べたくて
餃子ぎょうざギョウザ…

仕事が一段落したら会社を飛び出して王将へ
店の前に着いたら「池袋東口店限定」と書かれたパワフル餃子定食というのがあり
焼肉(マヨ付き)という説明書き
今日は2/9で肉の日ということで
限定という言葉に弱い小心者なので少食だけど注文してしまいましたです

玉子スープが激熱で火傷しそうになったけど
小心者なのでクレームなんて言えるわけがなく
餃子はちょっと焼き過ぎだったけど
小心者なのでクレームなんて言えるわけがなく
焼肉はタレが酢豚みたいに甘かったけど
小心者なのでクレームなんて言えるわけがなく
黙っておとなしく最後まで食べましたです

餃子の王将 池袋東口店
パワフル餃子定食 780円
#餃子 #ラーメンじゃない #たまには米を食べる #東京都豊島区 #池袋駅 #ごちそうフォト

麺やでこ@新丸子
塩そば 800円
(お店のご好意により標準的な盛り付けと違います)

今日は新丸子の麺やでこで飲み会
10日程前に師と仰ぐ方からお誘いがあり
しかしその後に体調を崩していたので参加できるか心配でしたが
どうにかこうにかなんとかなりましたw

自分を含めて5人参加
3人はお初の人でしたが
ラーメン好きがラーメン屋に集まれば自然と会話も弾むわけで

それにしてもラーメン屋で飲むとほんと安く済むから助かりますw
お店は儲からないでしょうけどね…

そして最後はもちろんラーメンで〆
全員が同じものを頼めばお店は楽なのでしょうが
写真を撮ったりシェアしたりするので同じものを頼まないワガママっぷり
しかも着丼したらどう見ても具が多いし!
あ〜あ〜あ〜

スープは黄金色に輝く美しさ
鶏ガラベースにかなり強めの蛤出汁
飲んだ後の〆としてはちょっと強過ぎか?
飲んでさえいなければかなり美味しく感じたことでしょう
(自分勝手な客だなぁwww)

麺は平打ちの中太ストレート
ツルシコで力強さを感じます
スープに負けないけれど喧嘩もしない

具は豚鶏チャーシュー、穂先メンマ、ネギ、三つ葉、茹で玉子
チャーシューはどちらもシットリした食感、鶏は柑橘系の仄かな香り
貝の出汁に三つ葉が合わないわけがない

そうでなくても馬鹿舌なのに
飲んでしまったから余計に馬鹿になっておりましたが
かなりクオリティの高い1杯だと思われます
今度はシラフのときに来なくては…

店でもいろんな話を散々したのに
帰路の電車の中でも話は尽きず
今宵も楽しい時間を過ごすことができました

以上、レポっす

#ごちそうフォト
#042

麺や 太華@戸塚
中華そば ネギ増し 850円

ここんとこ風邪?でずっと体調が悪く
殆ど何も食べられない日々
1週間ぶりにやっとまともな食事です

仕事で戸塚に来たのでトツカーナの中にある太華へ、2回目の訪麺
首都圏で食べられる尾道ラーメンとしては評判の良いお店ですね
風邪にはネギが良いだろ、とネギ増しにしました

スープはキツめのカエシ、ほのかに酸味、ギトギトのアブラ、プカプカ背脂
あ〜〜美味い…
ラーメンてこんなに美味しかったのか、とシミジミ

麺は平打ちの中太ストレート
乾麺うどんのような独特な麺
かなりスープを吸っているのに伸びてない
チュルチュルと喉を通っていくのが気持ち良い

具はチャーシュー、シナチク、そして大量のネギ
チャーシュー麺じゃないのに大きめのが3枚、柔らかくて美味い
ネギは広島・倉橋島産
最初はシャキシャキ、後半はスープを吸ってクタクタ、やや粘り気もあって風邪に効きそう

久しぶりの食事なのでかなりの満腹度
胃が小さくなっちゃったのかな?
そうでなくても少食なのに
いっぱい食べられるようまたトレーニングしなくちゃ…
お腹に付いた筋肉も衰えちゃったしね

以上、レポっす

#ごちそうフォト
#041

そしてマロンソフト
鎧塚さんのファームがこんなところにあるのね〜
おいち♡

石垣山一夜城
豊臣秀吉が北条との戦いにおいて一夜で築きあげたと言われている城
実際には4万人も動員して80日間かかったらしい
日本で最初の総石垣の城なので石垣山と呼ばれるようになったとか

#神奈川県民なのに神奈川遠征

中華 四川@小田原
特製タンタン麺 900円

#神奈川県民なのに神奈川遠征 その3

『おれは担々麺を注文したと思ったらいつのまにかタンタン麺を食べていた』
な…何を言っているのかわからねーと思うがおれも何をされたのかわからなかった…
頭がどうにかなりそうだった…
催眠術だとか超スピードだとかそんなチャチなもんじゃあ断じてねえ
もっと恐ろしいものの片鱗を味わったぜ…

なんなんですか、この食べ物は!
挽肉が入っていてニンニクと豆板醤が強烈に効いたトロットロの餡
プリプリの卵麺
担々麺ではなくタンタン麺

いままでそれなりにいろんな麺類を食べてきましたが
この世の中にはまだ見知らぬものがゴマンとあるのですね…
すんげぇなぁ!

#ごちそうフォト
#036

らーめん研究所@厚木
黒醤油×4番(豚骨+鶏+魚介、細麺)750円

#神奈川県民なのに神奈川遠征 その2

ラインナップはラーメンが醤油、黒醤油、塩、そしてつけ麺
タレを選んだらスープを選ぶ
醤油と黒醤油は5種類、塩は6種類、つけ麺は…未確認w
スープ毎に麺が変わる

かなり濃い色だけどそんなにコッテリしてなくて
どちらかというとまろやかタイプ
魚粉でややザラつき
後から醤油が効いてくる

低加水の細麺はスープとの親和性が良くて
まぁ研究した結果からこの麺を選んでいるんでしょうな

具は炙りチャーシュー、シナチク、ネギ、椎茸、海苔
ネギが美味く感じる店は良店という僕の感覚を裏切らない
椎茸は出汁を取った後のものなのかな?
乗せてるとこってありそうであまり無いような

#ごちそうフォト
#035

ZUND-BAR@厚木
塩らーめん(淡麗)750円
しらすと実山椒の大根葉飯 450円

なんでこんな山奥の車でしか来られないところにラーメン屋があるのかねぇ…
天空落としで有名(?)な中村屋の店主のお兄さんがやっているそうで

ラーメンは鶏ガラベースに魚介を効かせ
麺は全粒粉が香る細ストレート
炙ったチャーシュー
シナチクかと思ったら甘めの筍
シャキシャキ水菜

ご飯は大根の葉、海苔、しらすが乗せられていて
少々醤油が垂らしてあり
途中でプツッと実山椒

ラーメンもご飯も、やや物足りなさを感じるおとなしい味付け
だからこそ次の一口が欲しくなる
全て計算されているんだなぁ
化学調味料の中毒性とは真逆のアプローチ

#ごちそうフォト
#034

ソースカツ丼mgmg!

今日の夜はとあるイベントがありまして
リア充なもんでまたグフフなのですが
それに出席するために今日はお休みを取りまして
どこかプチ遠征でもしようかと思っていたのですが
日頃の睡眠不足のせいか目が覚めたらお昼を過ぎていまして
なので遠征はやめて近場で何か食べようと家を出たのですが
そしたらすぐ近所にとんかつ屋がありまして
でもとんかつはヘビーだなぁとスルーしようかと思ったのですが
店先に「ソースカツ丼」がディスプレイされていまして
もしかしてこれが東海の横綱が良く召し上がっているソースカツ丼か!と思ったのですが
少食の僕にはきっと食べ切れないだろうと思いまして
一旦は店の前を通り過ぎたのですが
商店街をグルッと回ったらまた店の前に着いてしまいまして
きっと何かの巡り合わせだろうと入店しました
(なんだか読みづらい文章だなぁ…ワザとだけどw)

実はソースカツ丼て食べたことないんですよね
カツ丼、天丼、親子丼とかはありますけど
揚げた後にソースに浸してあるんですね
サクサクなのにジューシーで
しかもボリューム満天
甘辛なソースが食欲を増しますね
少食なのにペロリと食べてしまいました

ちょっと不満だったのはキャベツが無いこと
キャベツは別料金らしいです
栄養が偏るので野菜が欲しかったけれど
ボンビーなので我慢しました

僕も東海の横綱のように
バイクでツーリングしながらソースカツ丼を食べる旅に出てみたいなぁ
中免持ってないけど…w

#ごちそうフォト

俺の空@池袋
カレー浸け豚そば 800円

今日1月22日はカレーの日だそうで
お調子者の僕はそういうのにすぐ釣られるw

ということで俺の空へ
会社から歩いて5分もかからない場所にあるけれど
もしかしたらここも2年以上ぶりかも

ラインナップは掛け豚そば(ラーメン)、浸け豚そば(つけ麺)、和え豚そば(まぜそば)
何度か来てるけどラーメン食べたことあったかな?
つけ麺とまぜそばは無料でホットかカレーを選べます
(選ばない、というのもあり)

で、前述の通りカレーの日なのでカレーにしたわけですが
風味をつけましたよレベル…
デフォのややシャバな魚豚スープにカレー粉入れただけなのかな?

で、冷たい麺をスープに入れれば当然スープもすぐに冷めるわけで
すると油分が固まり、そしてカレーと結び付く
それが歯の裏にネットリと残るのがなんだかアレで

麺はウェーブのある中太麺
プリっとした食感はまぁまぁ良いです
スープとの絡みはイマイチですが
スープの中に入っている解れたチャーシューが繋ぎ(?)になるので食べやすさはあります

具はその解しチャーシュー、1口大のチャーシュー1個、刻みタマネギ、浅葱
ちょっと寂しいですなぁ…
刻みタマネギはカレーを入れないときは良いと思ったけれど
カレーを入れると苦味辛味をダイレクトに感じて微妙

カレーなんて入れずに普通に食べる方が美味しいかも
800円はちょっと高いかなぁと思いつつ
まぁ大盛まで無料だからこんなもんですかね
可も不可もなく、といったところでしょうか

以上、レポっす

#ごちそうフォト
#カレーの日
#030

桑ばら@池袋
塩そば 700円 + 塩豚めし 300円

今日は桑ばらへ
今年に入ってから初ですね
去年はここで11回も食べてました
同じ店にはあまり行かないんですが
ここは当日にならないと何が提供されるかわからない裏そばがあるので
「また池袋で食べるのか〜」
というときでも利用しやすいんですよね

で、裏そばにしようかな、と思ったのですが
納豆つけ麺という微妙なメニューだったので気分が乗らず
今年初だし、チャーシューが変わったという噂も聞いたので
素直にデフォの塩そばをセレクト
ピッタリ1,000円になるのでついつい塩豚めしも追加してしまいました

もう何度も食べてるので今更レポするのもなんだかアレですが
鶏ガラベースのクリアでしょっぱいスープ
海苔の上のホタテパウダーで味に深みが出ます
麺はパツンとした歯応えの低加水細ストレート
チャーシューは特に変わってなかったですね

塩豚めしは甘じょっぱい塩ダレを絡めたチャーシュー丼
焦がし葱の香りが良いです

食べてる途中で店員が
「裏、残り5でーす」

13時には売り切れることもある裏そばが
14時過ぎてもまだそれだけあるなんて
おもわず
「今日の裏そばは全然出てないのね」
と話し掛けちゃいました
店員も
「はい…」
と苦笑い
裏そばを食べてあげれば良かったかなぁ…w

以上、レポっす

#ごちそうフォト #029

新東洋@上野アメ横
ローメン 860円

上野市場調査もこちらが最後
アメ横で60年もの歴史を持つ老舗
ローメンという不思議な麺があるらしい

ローメンというと長野県伊那地方のマトンを使ったラーメンが有名ですが
こちらのは完全オリジナルで創業時からずっと同じレシピらしい

らしい、らしい、じゃ想像の域を超えません
この目で見て実際に食べてみなければ
ということで伺ってきました

夜なので既に宴会を始めているグループが良い感じに出来上がっています
それを横目に席に座り
食べるのが決まっていますからメニューを見ずに
「ローメンを」
と注文

店内にはテレビがありサッカーの試合が流れていました
そういえば今日は日本とヨルダンだっけ
とぼんやり眺めていたら着丼
「良く混ぜて食べてね」
とのこと

混ぜてみると…
ん?
スープ無いの?
麺の上に餡掛けを乗せてるだけ?

餡掛けは豚肉、ニンジン、ピーマン、キクラゲ、タケノコ、モヤシ、タマネギ
それらを更に卵でとじています

味付けはいわゆる五目餡のような感じ
卵が入っているからかややマイルド
熱くてヤケドしそうになりますw

麺は細麺でかなり柔らかい
箸で持ち上げると麺に餡がタップリとくっついてきて重たいw

食べ進めていくと
餡が溶けてスープになっていき
あらあら、いつの間にか五目ラーメンみたいになっちゃった
なんなの、この不思議な食べ物は!w

途中でお酢を貰い
五目焼きそばで良くやるように回し掛け
これこれ、期待通りの定番の美味しさ
熱さも落ち着いたので
スルッと食べ終えてごちそうさまでした

台湾系は日本人の口に合うし
きっと他のメニューも美味しいはず
ここも友人たちと集まっていろんな料理を食べてみたいなぁ

以上、レポっす

#ごちそうフォト
#028

チラナイサクラ@御徒町
雲呑麺 900円

上野市場調査番外編
本当は他の店に行ったのですが臨休だったため急遽こちらへ
昨年12/11にリニューアルした御徒町駅高架下のらーめん横丁
その際にオープンした新店
長野を中心に店舗展開するボンドオブハーツのお店だそうで
ラヲタの有名な方々はオープン後に続々と伺っていましたが
僕はただの一般人なので今頃になって訪麺です

入店して食券を買おうとしたら
えっ!
厨房に塚田店主!?
なんでこんなとこにいるの???
普通の店員のようにオペレーションしてるしw
浴衣を着た女性が数名がいるけど接客のみ
オペレーションは塚田店主だけ
もしかして人手不足なのかしら?

ワンタン大好きなので雲呑麺をポチッと
(表の看板にはワンタン麺と書かれていたけどどっちが正しい表記なんだろ?)

奥のカウンター席に案内され着席
お盆とレンゲが既に置かれています
レンゲには桜の可愛いデザインが
浴衣の女性店員が可愛いなぁと鼻の下を伸ばしていたら着丼w

まずはスープから
鶏ガラの他にカマス干やハマグリなどを使っているそうですが
鶏ガラ以外はあまり感じず…
カエシ強め、たまり醤油みたいで結構濃い
見た目からは想像できない不思議な味わい

麺は平打ちに近い中細麺
麺肌がツルツルで舌触りなめらか

具はチャーシューではなくベーコン、鶏肉、白髪ネギ、ほうれん草、三つ葉、ワンタン
アグー豚のスモーキーなベーコンは美味しいけれど…ラーメンに合わせるのはどうなの?
(これを使わなくちゃいけない、という大人の事情がありそうw)
鶏肉はガツンとニンニク味
白髪ネギにも味付けしてあるかも(スープに浸かっちゃったのでわからず)
ワンタンはまん丸の肉餡でてるてる坊主みたいw

店内のデザインや浴衣を着た女性店員などで和を演出しているけれど
いろんな味を重ねて重ねて作っているのでかなりヘビー
今日は食べなかったけど餃子もこだわっている様子
もしかしたらラーメンだけでなく餃子とライスも一緒にガッツリ食べるのが良いのかも?

デザイン優先でレンゲが小さいためスープが飲みづらい、とか気になる点もいくつか
ま、開店して1ヶ月ですから今後いろいろと変更がありそうですね
目の保養になったので良しとしときますw

以上、レポっす

#ごちそうフォト
#027

珍々軒@上野
ラーメン 500円 + 炒飯 700円

前回の上野市場調査でも来ましたが
そのときはここの炒飯を食べられなかったので再訪
普段あまり米は食べないのですが
ここの炒飯が美味しいという話を聞いたので
少食ですが何故かラーメンもいただきます

ラーメンは鶏ガラ主体と思われるシンプルなもの
生姜がほんのり効いていて
ご飯ものを食べるときのスープ代わりにもなります
チャーシューはシッカリした焼き豚ですね
500円で出しているにしてはクオリティ高いです

炒飯もかなりシンプル
味付けは塩のみ
胡椒を使っていません
あとは細切れのチャーシューから出る味でまとめています
米は水分が程良く飛んでパラパラ
口の中でのほぐれ具合がお見事

少食なのにガッツリ食べてしまい腹パン
普段使いに最適なお店ですね
近所にあったら通ってしまうと思います

以上、レポっす

#ごちそうフォト
#026

麺屋鶴若@三ノ輪
味玉入り王道中華そば 780円

先週実施していた(させられていた?)上野市場調査
予定していた店を全部回れなかったので今日も実施いたします

と、その前に
去年お世話になった三ノ輪の鶴若へ
年が明けて日もだいぶ経ちますが新年のご挨拶
ビールにしようかと思ったけれどお疲れのようなのでリポDを差し入れw

今日は王道中華そばをセレクト
これでレギュラーメニューコンプ
今日も味玉にハート♥の海苔が乗せられて着丼

まずはスープから
フワッと香る鰹出汁
うんまっ!
出身である麺や食堂@本厚木を思い起こさせる
でも麺や食堂よりカエシは控えめで
香油のまろやかさで上品に仕上げていますね

綺麗に整えられた中細麺
固過ぎず柔らか過ぎず
スープをしっかり掴まえてスルスルと喉を通っていきます

具はチャーシュー、味玉、シナチク、葱、海苔
チャーシューは豚と鶏
ここの鶏チャーシューはシットリしててお世辞抜きに美味い
シナチクのコリコリ加減も良かったなぁ

あっという間に食べ終えて
当然ながらスープを飲み干してフィニッシュ
今日も美味しゅうございました

その後、鶴若店主と少々お話
味噌をやりたいけど仕込みの時間が足りなくてまだできないとのこと
今シーズンはアチコチでいろんな味噌を食べているので
彼がどんな味噌を出してくるのか実に興味深い
始まったらすぐ食べに来よう
いや、やらなくても食べに来るけどw

以上、レポっす

#ごちそうフォト
#025

陳家私菜@新宿
元祖・麻辣刀削麺 750円

昨晩の分です
レポを書きながら寝落ちしてしまいましたw

風雲児で食べた後
並びの陳家私菜へ入店
夜ということもありサラリーマンの団体客が何組も
みんな楽しそうに酒を酌み交わしています

僕は端っこの席で1人お疲れさま会
まずはビールで喉を潤わせ
ピリ辛キュウリと鉄鍋餃子をのんびりといただきながら
スマホで風雲児のレポを書き上げて

ビールをもう1杯飲もうかと思ったけれど
2杯、3杯、と続いてしまいそうになるのでストップ
メニューを再度確認し
今夜の〆として麻辣刀削麺を注文

師と仰ぐ方がここで刀削麺のつけ麺を食べていて
どんなものなのか激しく気になっていたのですが
初訪ですからまずは麻辣刀削麺を選びました

程なくして丼が運ばれてくるわけですが
目の前に置かれる前からあの香りが…
そう、強敵(?)の山椒です
着丼したら
「よく混ぜてお召し上がりください」
と言われました

レンゲと箸を使ってしっかりと混ぜ混ぜ
かなり麺量がありますね
少食なのに食べ切れるかしら…

一通り混ぜ終えたらスープをいただきます
スープ自体は担々麺のようにゴマでクリーミィに仕上げてあり
それもあってか辛さを殆ど感じません

などと安堵したのも束の間
後から強烈な痺れが…
ぐうぅぅ〜
舌を絞られるような感覚
このところ山椒の痺れにも慣れてきたと思っていたのですが
僕のキャパを上回る痺れ
金縛りにでもなったかのように箸を持つ手が止まります
すかさず店員さんを呼び止めお水を貰います

麺は幅広でピロピロした太麺
モッチリとしいて
コシがあるようでないような、ないようであるような
この独特の食感は面白いですよね

具としてはモヤシと水菜が入っていて
モヤシのシャクシャクと水菜のシャキシャキが刀削麺と対照的で
口の中でいろんな食感が楽しめます

だがしかし!
やはり山椒がキツい…
美味しいのにどうしても箸が進みません
どんなに不味くても食べ物を残すことって無いのですが
3分の2を食べたところでギブアップ
舌がキリキリして食べられませんでした…

辛いのは慣れても痺れは慣れないのか?
いや、必ず乗り越えてみせる!

今日のところはこのくらいにしてやるぜ!
また来るから待っとけよ!
と心の中で捨て台詞を吐いて店を後にしました

以上、レポっす

#ごちそうフォト
#024

風雲児@新宿
得製つけ麺 1,000円

昼間、いそじで食べた後
だいぶ前に行ったっきり久しく再訪してない店って結構あるなぁと
そういえばここも2年以上行ってないや、というのが風雲児
定休日が日曜だということを忘れて店の前まで行ったことが2回もありますがw

というわけで
仕事を終えた後に訪麺
閉店30分前でも行列が出来ています
外待ち15分、店内待ち15分
ようやく着丼

2年も経つと記憶が薄れていますが
口にすると思い出す
濃厚な鶏白湯に魚粉を乗せ
カエシが結構効いててしょっぱめ
そうそう、こういう味だった

麺はややウェーブのある太麺
モチプリな麺にスープが良く絡む
いろいろ思い出しながら
昼間と同様
「こんなに美味しかったっけ?」


よく
「あの店は味が落ちた」
とか言う人がいるけれど
本当に落ちてるの?
味に慣れただけで落ちてないんじゃないの?

卓上のポットに入っている出汁でスープを割って完飲完食
この店も相変わらず美味しかった

あと、2年前には気付かなかったけれど
店主さんの動きが物凄い
店員が3人いるけれど
店主さんが1番動いていて
オペレーション、店内待ちのお客さんの誘導、お客さんの入退店時の挨拶
お客さんがどのくらいのスピードで食べているか?
次はどの席が空くか?
待っているお客さんは1人なのか、それとも2人なのか?
全てを完璧に把握して
なおかつ店員に的確な指示を出す

ここまで人気の店であれば支店展開だって出来るだろうに
それをしないということは
常に現場でお客さんを見ていたいからなんだろうなぁ…

きっと今後も人気が衰えることはないでしょうね
新たな感動を胸にしながら店を後にしました

以上、レポっす

#ごちそうフォト #023

オフ会いぇ〜い!
乾杯いぇ〜い!

※参加者1人

#ごちそうフォト