PluCial

浜本好子(hama)

パソコンと花が大好き♪

浜本好子(hama)

浜本好子(hama) の投稿

ニチニチソウも元気\(^o^)/

データモデルのデータを使ってピボットテーブルを作成する方法 | Excel2016

Excel2013以降にはPowerPivotというビッグデータを分析できるアドイン機能が標準で搭載されています。ただし、既定では有効になっていませんので、設定する必要があります。 POWERPIVOTタブを表示させよう データモデルにデータを取り込む方法は以下を参照してください。 Excel2013でのインポート方法は、Excel2013のPowerPivotでExcelファイルを取り込むを参照してください。 PowerPivotウィンドウでデータモデルとして取り込んだデータをピボットテーブルにする方法を3つ紹介します。 PowerPivotウィンドウからピボットテーブルを作成 PowerPivotタブにあるをクリックして、PowerPivotウィンドウを表示します。タブにあるからをクリックします。 ウィンドウが表示されます。作成先のシートを選択して、ボタンをクリックします。 がシートの右側に表示され、ピボットテーブルのレイアウト設定する準備が整います。 タブのから作成 テー...

Excel2016のおすすめグラフ | Excel2016

Excel2013から追加された機能に、「おすすめグラフ」というのがあります。集合縦棒グラフと折れ線グラフの複合グラフも数回のクリックで作成できます。とても便利です。 でも、同じ表を元に「おすすめグラフ」を表示しても、Excel2013とExcel2016ではちょっと違うんですね。 下の表を元にタブにあるをクリックします。 Excel2016のおすすめグラフ グラフが表示され、一番上に縦棒と折れ線グラフの複合グラフが表示されます。でも、よく見ると、グラフの名前はとなっています。そして、グラフの説明もとなっています。 上から2番目のグラフを選択するとグラフは縦棒だけになるんですが、グラフ名はでグラフの説明も上のグラフと同じです。 Excel2013のおすすめグラフ 下の画像は、Excel2013のときのおすすめグラフです。グラフは同じですが、タイトル名はとなっています。説明は、とあります。この説明の中にもミスがありますね、「積み上げ縦棒グラフ」ではなく、「集合縦棒グラフ」ですね。E...

ポーチュラカも咲き出した!(^。^)

晴れてきた\(^o^)/

作成した波線の保存方法を追記しました。

省略波線の作り方 | Excel2013

Excelで省略を意味する波線を作成する方法です。 下のようにグラフで数値が極端に違う場合に使用するといいですね。波線の上下はは黒い線で、中は白で塗りつぶした波線です。白と黒の曲線2本使って作成します。 曲線の作成方法 タブにあるからをクリックします。 下のようにクリックで山と谷を作り、最後はダブルクリックします。枠線に沿って作成すると同じ高さの山と谷になるのでお勧めです。 曲線を選択したままのタブからをクリックします。からをクリックします。 が表示されるので、から黒、を10ptにします。 黒い曲線をコピーして白い曲線を作成 作成した黒い太い波線をコピーして2本にします。曲線を選択してキーを押しながらドラッグするとコピーすることができます。 コピーした曲線を選択して、を白に、幅を8ptにします。 作成した白の曲線をドラッグして黒の曲線に重ねます。綺麗に揃えるのが難しいときはキーと方向キーを使って調整してください。 2本の曲線のグループ化 後は、2本の曲線をグルー...

球体を描いて保存する | PowerPoint2016

PowerPointで球体を描いて、それを画像として保存する方法を紹介します。球体を描くには、Office2010以降のバージョンであれば可能です。Office2007の場合は、ExcelとPowerPointのみ可能ですが、Wordでは描くことができません。球体を描く方法は、検索するとたくさんヒットします。1つの方法として参考にされてください。 描いた球体を画像として保存できるのは、PowerPointのみなので、ここではPowerPointで解説します。 PowerPointを起動して、まず真円を描きます。タブのからをクリックします。真円を描くには、ドラッグせずにクリックするか、キーを押しながらドラッグします。 下のように真円が描けたら、直径を2で割りやすい数値に変更します。円を選択したまま、タブにあるグループにあるをクリックして作業ウィンドウを表示します。そして、のチェックボックスをオンにします。サイズのを2で割りやすい数値にします。のチェックボックスをオンにしているので、の数...

重複データの入力を禁止するには | Excel2013

Excelで1つの列に重複した値を入力できないように規制する方法を紹介します。Excel2013で解説しますが、他のバージョンも同じ方法で設定することができます。 下のようにA列に同じ値が入力されないように入力規則で設定します。 A列を選択します。 そして、タブのをクリックします。 ダイアログボックスが表示されます。タブにあるのプルダウンメニューからを選択します。 そして、のテキストボックスに数式と入力して、ボタンをクリックします。 参考COUNTIF関数とは、指定された範囲に含まれるセルのうち、検索条件に一致するセルの個数を返す関数です。 COUNTIF(範囲,検索条件) これで、A列に重複した値を入力しようとするとというメッセージが表示されるようになります。 エラーメッセージのカスタマイズ ダイアログボックスのタブを開いて、とを下のように編集すると、 エラーメッセージは、下のようになります。

お散歩中に小雨が降ってきた。

表の行にアニメーションを付ける | PowerPoint2013

PowerPoint2013で下のように表の行ごとにアニメーションを付ける方法です。 表はExcelで作成しています。 まず1行目と2行目を選択して、コピーします。 PowerPointのスライドに図として貼り付けます。 表の3行目と4行目も同じようにコピーして、図として貼り付けます。3つの図をスマートガイドを使って揃えます。 一番上の図を選択して、タブからをクリックします。 でを選択します。 後は、アニメーションをコピーして貼り付けていきます。PowerPoint2013から" target="_blank" rel="noopener noreferrer">アニメーションのコピー/貼り付け]ができるようになっています。 スライドインアニメーションを設定した図を選択して、をダブルクリックします。※ダブルクリックすると、連続して貼り付けることができます。ポップヒントにも記されています。 参考複数のオブジェクトにアニメーションを適用するには、をダブルクリックします。 ...

近所のお家の薔薇!撮影させていただきました。

今年はトマトが収穫出来そうです\(^o^)/

図の挿入ダイアログボックスの[ファイルにリンク]と[挿入とリンク] | Word2016

Wordで画像を挿入するには、タブのをクリックして、ダイアログボックスから挿入します。画像をコピーして貼り付けたり、ドラッグ アンド ドロップで貼り付ける方法もありますが、ここではダイアログボックスから挿入する方法です。 参考Windows10のWord2013とWord2016でドラッグ アンド ドロップで画像を挿入する場合は、お気をつけください。バージョンによっては、挙動がおかしいです。 トリミングのメニューが表示されない ダイアログボックスの右下にあるボタンの▼ボタンをクリックするとボタンがあります。選択しなければ、ボタンが選択されます。 3つの方法で画像を挿入すると、見た目は同じように見えますが、3つの挿入方法にはそれぞれ違いがあります。 挿入 は、元画像のコピーが挿入されます。元の画像との関係はなくなります。文書の保存時に自動的に圧縮されます。元の画像の解像度を維持したい場合は、から設定を変更します。その設定は、タブをクリックして、左下にあるをクリックします。ダイアログ...

本文内に[挿入とリンク]で画像を挿入すると正しく動作しない | Word2016

Wordのダイアログボックスにあるで本文内に画像を挿入すると、正しく動作しません。Word2010以降の問題のようです。描画キャンバス内では正しく動作します。 図の挿入ダイアログボックスのとででの挙動がおかしいということを書いていますが、その状況を記しておきます。 Word2007の場合 Word2007で、元画像を移動または削除したり、名前を変更すると下のようになります。で挿入した画像は消えてしまいますが、で挿入した画像は残ります。本来はこれが正しい動作だと思います。 Word2010、Word2013、Word2016の場合 Word2010、Word2013、Word2016で、元画像を移動または削除したり、画像の名前を変更すると下のようになります。で挿入した画像もで挿入した画像も消えてしまいます。(検証環境 Word2016 1703(ビルド 7967.2161 クイック実行))  描画キャンバスの中の場合 Word2016の内で、元画像を移動または削除したり、画像の名前を...

今日はスマホで

背景を削除した画像を図として保存するには | Word2010

Office2010から、画像の背景を削除できる機能があります。 背景の削除 この背景を削除した画像を図として保存する方法です。 背景の削除 まず、背景を削除したい画像を挿入して、画像を選択します。タブのグループにあるボタンをクリックします。 背景として認識された部分が赤紫になります。ですが、このままでは残したい部分も削除されてしまいます。 まず、境界線のハンドル(図の白丸内)にマウスを合わせドラッグして、大きさを調整します。 境界線の位置を調整した状態です。削除したい領域が残っています。 設定し直す グループのボタンをクリックして、削除したい領域の端から端までドラッグします。 変更を保持 思い通りになったら、ボタンをクリックします。 下のように背景が削除されます。必要であれば、ここでトリミングを行ってください。 図として保存 この背景を削除した画像を図として保存するには、画像で右クリックして、ショートカットメニューからをクリックします。 のでを選択して、任意の名前を...

暑くなりそうだ!

複数オブジェクトの選択が可能 | Word2013

Word2013では、複数オブジェクトの選択がボタンのドラッグ操作で可能になりました。 画像や、テキストボックス、図形などを挿入した文書があります。タブのグループにあるからを選択して、 画像などを囲むようにドラッグします。 画像や図形をまとめて選択することができます。 ただし、画像や図形がでの場合を除きます。 もし、まとめて選択できないという場合は、レイアウトオプションでになっていないか確認してください。 文字列の折り返しでなどを選択すると、まとめて選択できるようになります。 この機能は、Word2010では、描画キャンバス内しか実行することができませんでした。 オブジェクトの選択ボタンのドラッグ操作は描画キャンバス内で有効 Word2013も描画キャンバスがあり、同じようにオブジェクトの選択でまとめて選択することができます。 またをポイントした時のスーパーツールチップの内容も書き換えられました。以下のようになっています。 インク、図形、テキスト領域などのオブジェクトを選びま...

今日の夕日

飛行機雲がいっぱい(^。^)